家作りの第一歩はココから!

プレハブとは

現在日本で施工されている住まいの工法は「木造軸組工法」、「ツーバイフォー工法」、「プレハブ工法」と「鉄筋コンクリート工法」の4種類に大別されますが、鉄筋コンクリート工法も含めプレハブ工法以外の工法は「オープン工法」に分類されます。建築基準法に規定された工法であるオープン工法は誰でも採用できる工法ですが、プレハブ工法だけは公的な認定を受けなくてはならない特殊な工法です。

 

オープン工法のメリットはプランの自由性が高く、狭小地にも適していること、将来的に増改築しやすい点などが挙げられます。ただし工期がプレハブ工法によるプレハブ住宅と比べると長引きますし、大工の腕次第で施工にばらつきが起きやすい点はデメリットです。

 

一方プレハブ工法の場合、工期が短く施工品質が均一化されているのも魅力の1つで、パーツのクオリティーの高さでも定評があります。工場生産式で明確に原価が管理されるプレハブ住宅の場合、適切に設定された価格は常に安定していますし、施工中に予想外の負担が発生し完成後の金銭トラブルに悩まされる心配がありません。

 

もちろんプレハブ工法にもデメリットはありますから、増改築の難しさや現場搬入の制限などは覚悟しなければなりません。クレーン車が稼働できないスペースでは不向きな工法になりますし、基本的にパターン化された中からプランを選ぶので、自由性に乏しい点も問題です。もし標準外のプラン、納まり、仕様を依頼するとなると割高になります。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市