家作りの第一歩はココから!

プレハブの歴史

プレハブは「プレファブリケーテッド」の略称ですが、要するにプレハブ工法で建てられたプレハブ住宅とは、あらかじめ製作、組み立てられた建築物と言う意味です。現在人気、需要の高いプレハブ住宅は比較的新しい工法で、日本に普及が始まったのは1960年代頃からだと言われています。当時は高度経済成長の真っ最中で、特に大都市周辺では急激な人口増加傾向が続いている時期ですから、各家族化が進み住まいが量的に不足していた時代です。

 

そんな中プレハブ住宅はコストをかけずに一人一人の部屋のある住宅を大量に供給することが可能な工法として、一気に注目を集めました。現在でもプレハブ工法によるプレハブ住宅はローコストと言うコンセプトを守りぬいていますし、人件費削減にも繋がる短い工期、品質の安定など建主の負担が非常に少ない工法です。

 

普及当初は何かとトラブルに見舞われることもあったそうですが、現在ではプレハブ工法も木造軸組工法、ツーバイフォー工法、鉄筋コンクリート工法同様日本を代表する工法として定着していますし、技術も飛躍的に進化しています。

 

もちろん仮設住宅的イメージのあるプレハブ住宅は本格的な木造住宅のような機能性、見た目の問題で低く評価されることもありますが、どの工法にもメリット、デメリットはありますのでまだまだプレハブ住宅の需要は伸びる筈です。

 

特に震災時の仮設住宅設置にプレハブ工法は欠かせませんし、自宅の倉庫部分だけプレハブ工法で施工するなど様々な利用方法があります。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市