家作りの第一歩はココから!

プレハブの問題点

工場で大部分を作るプレハブ工法の場合、現場では組み立てしか行いませんから「工期が短い」、「パーツのクオリティーが高い」、「あまり人件費がかからない」、「マニュアル化されている為、現場で施工を担当する大工の腕によって仕上がりが左右されにくい」などのメリットが期待できます。コストをかけず、短い納期で安定した仕上がりを望むならプレハブ工法によるプレハブ住宅は最適な工法ですが、他の工法同様デメリットも抱えていますのでここではプレハブ住宅の問題点を指摘したいと思います。

 

まず、プレハブ住宅はユニットで現場まで運びクレーンで組み立てる手順になります。従って狭い道路やクレーン車を置いたり稼働させる余裕がない敷地には不向きな工法となります。施工できる土地が限られる点はプレハブ工法の大きなデメリットと言えるでしょう。

 

また、工場生産によって工期を短縮できるメリットがある一方、工場自体が忙しくなってしまうと工期にも遅れが出ますし、クオリティーにも影響します。

 

その他工場生産化率が進む程自由設計しにくくなりますし、一定のパターン以外をリクエストするとコストがいきなり高額に跳ね上がる点も問題です。

 

また、在来工法と呼ばれる木造軸組工法でも最近はプレカットと言う事前に切り込みを入れた接合部を現場に持ち込みコストダウン化を狙っていますし、他の工法もプレハブ工法の特徴を積極的に取り入れていることから区別されにくくなっています。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市