家作りの第一歩はココから!

モデルハウスを見るポイント

ここでは輸入住宅を手に入れるための知識の中から、情報源としてあげられている「モデルハウス」を見る場合の注目すべきポイントについて取り上げています。

 

輸入住宅のモデルハウスを見学しにいくと、日本の一般的な住宅との違いに圧倒されてしまい、詳細部の確認をしなかったというケースが多々あるようで、実際に購入してから細部が気に入らなかったなどの問題になったケースと言うのもあるそうです。

 

ここからは輸入住宅に限らない話になりますが、モデルハウスを見学する際には是非確認していただきたいポイントになりますが、まず「標準仕様」などといった曖昧表現をしている場合には、それには何が含まれているのかと言う具体的なディテール部を確認しましょう。「標準仕様」という言葉が、「一般的なもの」という意味合いで捉えられているとしても、その一般的と言うのは、多くの場合は業者側の主観に過ぎません。皆さんにとっての一般的とは異なってきて当然の話でしょうから、しっかりと標準仕様に含まれるものが何かを確認すべきでしょう。

 

次に確認すべき点ですが、当然間取りなどを含めた図面は確認する点かと思います。その図面を元に、空間的な造りを体感して頂くと同時に、必ず私用されている部材についての確認を行いましょう。

 

時折未だにあるのですが、使用されている部材の大半が、モチーフとしている輸入元での設計思想とは大きく異なるものが使用されていることがありますので、後々問題とならぬようしっかりと確認すべき点であるとおもいます。

 

このように空間的な造りに対する確認と部材に対する確認を怠らないことが、モデルハウスを有効に利用する手段の一つとなるかと思いますので、是非しっかりと確認してモデルハウスを有効活用しましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市