家作りの第一歩はココから!

価格帯を知る

ここでは、輸入住宅を手に入れるための知識の中から、価格帯についての知識が重要になるということについて取り上げています。

 

多くの場合、同じような部材を使った住宅を比較すると、国産の住宅よりも輸入住宅の方が坪当たりの単価が安く設定されている場合があるようです。

 

その原理としては、ドアや床に用いられる部材が国産品では比較的に値段が高くなることが多いのですが、それらが輸入品にすると比較的に安価で手に入ることがあります。それらをうまく組み合わせて設計されている輸入住宅と言うのは、必然的に総価格も安くなってきます。

 

では実際にどの程度が輸入住宅の相場かというと、近年の傾向を見る限りでは坪当たりの単価に幅があるようで、安いものでは30万円台がつぼ単価になっているようですが、高いものであれば100万円台のものもあるようですので、これは費用見合いで調整が必要になる事柄だと思います。

 

この「調整」といっていることですが、輸入住宅には注文設計するタイプと、企画型とよばれる事前に業者側で間取りや部材などを設計し、必要な資材を一括注文してしまうというタイプがあり、前者の注文設計のタイプの場合は一括注文が出来ないことなどが原因となり、企画型よりも坪単価が高くなる傾向があり、後者の場合はそういった一括購入や一括でのストックによる運営が出来るために、坪単価も安くなる傾向があるそうです。

 

とことん理想を追求するという型であれば前者の注文設計を、細かい仕様はこだわらないと言う方であれば後者の企画型が良いかと思いますので、輸入住宅を選ぶ際にはこういった注文方法も選択が必要になることと、総額に大きく差が生まれるということをしっかりと理解して置いて頂ければ思います。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市