家作りの第一歩はココから!

国内における実績

ここでは、「輸入住宅」というものが、日本国内においてどの程度普及しているものなのかと言う実績の部分について取り上げています。

 

ここ数年の実績ではありませんが、2000年ほどを境にかなりの普及率となってきたのが輸入住宅の特徴とされており、1990年代の前半では1000個超というのが実績でしたが、2000年に近づくにつれて10倍ほどの供給があったとの例が挙げられていました。

 

もちろんそのまま右肩上がりに増えていったというわけではなく、国内の財政状況に応じて低迷した時期もありましたが、それでも個性的なデザインや高い性能のおかげで安定した実績を挙げられていたという意見もあるようです。

 

個人的な意見ではありますが、輸入住宅の導入は「高級住宅」というイメージが非常に強く、更に輸入住宅の多くが広い土地を必要とする場合が多いためか、手が出づらいという考えをしてしまいがちです。

 

これらの考えは決して私個人だけではなく、住宅購入を検討している方々のなかにも多数いらっしゃるかと思いますが、土地の狭い日本においてはなかなか手が出しづらい物件の種類になるのではないでしょうか。

 

このような考えがある中で、私自身も輸入住宅について調べていくうちに、土地が狭いからといって輸入住宅を建てられないというわけではないことなども知ることができ、それについてもこのサイトでは紹介していますので、是非参考にしていただき、輸入住宅によるマイホーム生活を夢見てみるのもよいのではないでしょうか。

 

是非このサイトの情報を活用して頂き、輸入住宅の生活を現実のものにする第一歩にしていただければと思います。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市