家作りの第一歩はココから!

契約に際する注意点

ここでは、輸入住宅を購入する際の様々な注意点の中から、契約時の注意事項について取り上げています。

 

ここでの解説は「輸入住宅」に限った話ではなく、国産の住宅の契約時にも言えることですが、まず契約内容はしっかりと確認する必要があります。先を急がず約款内容には不明点を残さないようにしましょう。

 

注意すべき点ですが、まず必須となる各種書類がそろっているかと言う点です。契約の際には見積もり・実施に関する設計図・仕様書、工事請負契約に関する約款などの必要書類が出揃っていることが重要なポイントとなります。

 

これらが無い場合は、後々問題があってもその責任が確認を怠った皆さんとなってしまう恐れがあるので、しっかりと確認する必要があります。

 

次に注意すべき点ですが、契約の内容そのものです。契約書には、着工日・完成日・引渡し日と、代金支払期限などについて書いてあるほか、総工事費用が記載されています。非常に高額な買い物となるため、浮き足立ってしまいがちな方は、ここをしっかりと確認せずに契約を勧めてしまうというケースがあり、それによる後々のトラブルが耐えないというのも現状です。

 

最後に注意すべき点ですが、契約した後の部材などの各種仕様の変更についてです。仕様変更というのはどんなものでも大半が費用の発生を伴います。

 

多くの場合は、発注が済んでいるものを変更してしまうと、キャンセル料が発生するだけではなく、完了日も伸びてしまうほか、計画が大きく変わってしまうなどの手間がかかり、必要以上の費用を請求されてしまう場合が多々あるそうです。このような事態を招かないようにするためにも、契約前にしっかりと仕様に変更が必要ないかを綿密に再設計するなどをして、不用意に変更などを求めてしまわないように注意しましょう。

 

今回ここで紹介した注意すべき点と言うのは、注意すべき事柄の中の、ほんの一握りにしか過ぎません。

 

皆さんそれぞれがしっかりと内容を確認して、もうこれ以上思い悩むことのないほどに検討・確認等をしたと思えてから契約はしたほうが良いといってよいほど、充分に注意すべき事柄の多い作業ですので、満足のいくまで時間を掛けることをお勧めしたいと思います。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市