家作りの第一歩はココから!

瑕疵担保責任の存在

ここでは、輸入住宅購入・建築に関する注意事項の中から、瑕疵担保責任と言う事柄について紹介しています。

 

「瑕疵」は「かし」と読み、この言葉の意味は本来備わっていて然るべき機能・性能・品質などが備わっていないか不十分であることを指す言葉です。

 

瑕疵という言葉の意味から考えてもお分かりいただけるかと思いますが、瑕疵担保責任と言うものは住宅が引き渡された後に欠陥が見つかった場合には、その欠陥を修理するか賠償金による補填をしなければいけなと言う責任を指します。お分かりのとおり、この責任を負うのはあくまで住宅を提供した側になりますので、企業が背負う責任になります。

 

この瑕疵担保責任には、期間が定められておりその期間を瑕疵担保期間と呼びます。瑕疵担保責任は、民法により定められている事項があり、住宅の素材によってその期間が異なってきます。木造住宅であれば5年、それ以外であれば10年間と言う期間が設定されています。

 

しかしながら、これらはあくまで民法で定められた最も基本的な担保期間であり、その期間は個別の契約にて短くすることが出来るとされていたため、契約約款で短く瑕疵担保期間を設定するケースが増えてしまったため、短い担保期間を過ぎた後に欠陥が見つかるというトラブルが続発してしまったというようなケースがありました。

 

現在では、そういった過去の問題を受けて、少しでも瑕疵問題を緩和するために「住宅品質確保促進法」というものが存在しています。この住宅品質確保促進法が施工されてからは、住宅を販売する企業は、新築住宅に関しては瑕疵担保期間を10年間とすることを義務化しており、更に住宅性能表示制度により耐震強度などを表示することを任意ではありますが推奨した内容となっているようです。

 

前者の瑕疵担保期間10年という事により、実際にある程度の年数を住んでから見えてくる住宅の欠陥に対する不安が多少なりとも和らいだということはお分かりいただけるかと思います。そして、現在では後者の住宅性能表示制度が重要な役割となっているようで、この表示があるのと無いのでは、全く持って住宅もしくは住宅を販売している企業に対する信頼性が変わってきます。

 

皆さんも住宅購入に当たっては、瑕疵担保責任は義務ですので当然の事柄ですが、住宅性能表示がしっかりとされているものを選ぶよう気をつけて確認しましょう。

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市