家作りの第一歩はココから!

土地が広くなければ建てられない?

ここでは、輸入住宅に関するよくある質問の中から、輸入住宅は大きいというイメージがある為に出てくる質問として、土地が広くなければ建てられないかと言う点について紹介しています。

 

輸入住宅は広々とした空間を演出する場合が多いため、総合的には広い土地が必要となる場合が多いとされています。とはいっても、必ずしも広い土地が無ければ輸入住宅に住むことができないわけではなく、土地が狭い場合でも設計次第では建てることができるといわれています。

 

では、具体的にどんな点が、土地が広い場合に比べて設計時に異なってくるのかと言うと、具体的には土地が狭い以上通常の輸入住宅では分厚くする壁などの量を少なくしなければいけない場合や、壁の位置は設計者の意図にそぐわない位置になってしまう場合があるという点があげられます。

 

それだけではなく、土地が狭いということにより、輸入住宅の特徴ともされている大きな屋根などは使用できなくなる場合があるようで、個性的な外観となるスタイルの輸入住宅は選択できない場合もあるそうです。

 

また、部材の搬入に当たっても、土地の狭い場所に建築を行う場合では、トラックが現場まで入ることが出来ないケースがあるそうで、そう言った場合は工期が延びてしまうか、最悪の場合は工事そのものを引き受けてくれる業者がいない場合もあるそうです。

 

これらの点をクリアするのはなかなか至難の業ではありますが、完全に不可能と言うわけではありませんので、お近くの工務店や建築士事務所にまずは相談してみることをお勧めしたいと思います。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市