家作りの第一歩はココから!

輸入住宅のデザイン傾向

ここでは、輸入住宅に関する基礎知識の中から、輸入住宅に多く見られるデザインの傾向について取り上げています。

 

輸入住宅と一言で言っても様々な種類があり、種類によって大きく異なるのはなんといっても「見た目」でしょう。

 

見た目が大きく異なる要素は、他のページでも紹介している通り輸入元の生活スタイルを含めた風土に影響することが多く、例えばヨーロッパをベースにした輸入住宅の見た目は、自然を重視していることが多く、どちらかといえばアットホームな温かみのある印象を受ける物件が多いようです。

 

ヨーロッパの中でも、その中でも南ヨーロッパを輸入元にしている輸入住宅の場合は、リゾートをイメージしたものが多く、北ヨーロッパであれば「自然」という点に着眼していることが多く「木」や「レンガ」などを前面に出した素材を重視したデザインのものが多いそうです。

 

ヨーロッパ同様に人気の高い北アメリカを輸入元としている住宅の場合も、ヨーロッパに住んでいた人々が移住して伝えられ、それらが各地域で独自の発展を遂げたことによって出来上がったそうで、地域によってスタイルがかなり異なってくるのが特徴のようです。

 

このように、輸入元をどこにするかによって大きくデザイン傾向が異なるため、選択肢が非常に多いというのが輸入住宅の一つの魅力といっても過言ではないでしょう。

 

具体的なデザインの種類や特徴については、生活スタイルなどについて取り上げているページで個別に紹介していますので、そちらもあわせて参考にしていただければと思います。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市