家作りの第一歩はココから!

輸入住宅の工法

ここでは、輸入住宅の工法にはどのような工法があるかと言う点について取り上げています。

 

主な工法としては、2×4工法というものとパネル工法と呼ばれる2種類があり、2×4工法は北アメリカ系の輸入住宅に多く見られるようで、パネル工法は北ヨーロッパ系の輸入住宅に多いといわれています。

 

2×4工法は、枠組壁工法という工法というもので、2インチ×4インチの部材を用いて枠組をつくるのが基本的な作業のようで、全ての材料が規格化されているため、建築がしやすいことや設計に自由度があることなどが利点とされているようです。

 

パネル工法は、木質系パネル工法ともいうようで、構造的には枠組壁工法とほとんど変わらないとされているようで、事前に壁パネルを作ったうえで現場に搬入して組み立てるようなので、施工期間の短さが売りの工法となっているようです。

 

これ以外にも軸組工法というものと、ログハウス用の丸太組構法と言うものがあるそうで、軸組工法は日本の在来工法と同様の、柱・梁などの軸材を組み合わせて、建物の荷重を支えるという原理のようです。ログハウス用の丸太組構法については、名前のとおり丸太を組み合わせて積み上げていく方式で建てられていくもののようで、日本の伝統的な家屋の一部にもこれと同じ構造のものがあるそうです。別荘などに多く見られることが多い工法のようですが、一般住宅にも利用されることがあるそうです。

 

ここで紹介したさまざまな工法を用いてできあがる住宅にはそれぞれ良し悪しがありますので、どのような工法がライフスタイルに適しているかなども加味した上で、輸入住宅の選定材料に利用して頂ければと思います。

 

さまざまな工法についてご理解頂いた後は、輸入住宅の性能の魅力について取り上げたページも是非ご覧いただければと思います。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市