家作りの第一歩はココから!

輸入住宅は長持ちするのか

ここでは、輸入住宅を購入するに当たって誰もが興味を示す、輸入住宅の寿命という観点のお話をさせていただいています。

 

「耐久性」について解説しているページでも取り上げていますが、輸入住宅の寿命は日本の文化や風習から比べると、長いと考えられています。

 

概ね日本では1世代でその住宅の寿命を向かえることが多いとされていますが、アメリカでは2・3世代にわたって「住み継ぐ」ということが一般的とされています。アメリカよりも長い地域ではイギリスがあげられており、イギリスでは日本の数倍にも住宅寿命がなっているというのが一般的であるとされています。

 

住宅に対する考え方がそもそも大きく異なってきますが、豊かな暮らしをうみ出すことに対する考え方が日本と海外では大きく異なるようで、「建て替え」による新たな豊かさではなく、子孫へと繋げる世代を跨いだ豊かさと言うのが海外での一般的な考え方であり、それが人生の中での「楽しみ」という考えにもなっているようです。

 

ちなみに海外の考え方の根拠としては、ある世代の夫婦が新築で購入した住宅を長く住み継ぐことにより、子供から孫、孫からひ孫と引き継ぐに連れて、新築に掛かる費用は必要ないために資産はどんどんと増えていくというのが原理となっているようで、さらにはそういった考えを持っていることにもステータスがあるという考えから「住み継ぐ」という考えが成立しているようです。

 

どのような考えをするにしても個人の自由ではありますが、海外の「住み継ぐ」という考えは日本でも見習って、資源を大事にしていきたいものですね。

 

ぜひ参考にしていただければと思います。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市