家作りの第一歩はココから!

バリアフリーと和風

バリアフリーで一番考えなければいけないことは、「見る」「座る」「立つ」「歩く」「のぼる」「握る」などの 基本的な行動1つ1つが高齢の方や障害のある方にとっては相当の負担になっているということです。障害を持っている方に合わせたバリアフリーにするために、リフォーム前の住宅を、施主の方や障害を持っておられる方と一緒になって生活の動線を歩いてみている工務店さんもあります。

 

車椅子などを使用している場合は、廊下やドアの広さ自体の幅を広くする必要がありますので、柱を動かすこともありますし、かなり大掛かりな工事になるかもしれません。

 

和風リフォームのときは、和室と廊下、あるいは和室と洋室の間にできる段差が問題になります。和室(畳の間)の床面も、廊下や洋室の 床面と揃えなければなりません。間取りにもよりますが、玄関のホールや廊下そしてリビングダイニングなど、リフォームをする場所が広範囲になるようでしたら、和室側の床面(畳)を下げるという方法もあります。

 

高齢者の方や体が不自由な方には、トイレとか浴室が寝室のすぐ近くにあるのが望ましく、あまり使っていない押入れをトイレに改造したお宅もあります。

 

ある工務店のかたは、リフォームの前の点検の時に、壁や家具の一部が特に汚れていることに気が付きました。それがちょうど姿勢を変える場所で、手を頻繁につくためその部分が特に汚れていたのです。そういう場所に気を付けてリフォームをしました。

 

リフォームは新築ではないので、限度がありますが、しかし、住み慣れた家だからこそ、危険な場所もよくわかり、その方に相応しいバリアフリー住宅が可能となります。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市