家作りの第一歩はココから!

床板

和室の造りの床板は「とこいた」と読み、床の間の床に張る地板や畳のことです。従って床板といっても板とは限りません。部屋に敷いてある畳と同じ高さにする形式と、それよりも一段高くする形式とがあります。

 

本来は、床の間にも畳が敷かれていたようです。それが時代と共に変わって、今では床の間のほとんどが板で作られるようになりました。床の間に使われる板の材料には主にマツ・ケヤキ・トチなどが使われています。

 

天然ムク板は、最低1年間は自然乾燥をしますが、乾燥した無垢材であっても取付けた後にも湿気を含むと膨張しますし、温湿度の変化で巾は絶えず伸縮しています。

 

欅(ケヤキ)は、北海道を除いて、全国的に自生している丈も高く大きな木です。木理(木目)がはっきりしていて美しく、強度も耐久性もある量質ともに代表的な樹木です。

 

古くから多くの神社仏閣に装飾用木材などとして広く使われていますが、普通の民家の建築資材として、大黒柱や床材としても幅広く使われています。

 

松(マツ)も古くから日本の家屋の建築資材として使われていました。松は赤松と黒松の二種類がありますが、材質としては赤松も黒松違いがほとんどありません。赤松は造作材として使われつることが多く、茶室や数奇屋造りの床柱などに使われています。

 

栃(トチ)は、岐阜から産出されるものに良材が多いそうです。トチは主として、床の間の用材(床板・床框・棚板)として使用されるほか、工作が容易なので木工品にも使用されています。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市