家作りの第一歩はココから!

床柱

日本家屋の床柱(とこばしら)とは、床の間の脇に立つ、木の化粧柱のことを言います。床の間と床脇棚の境にある床の間を構成する中心的な化粧柱のことです。本来は、面取りの角柱が正式なのだそうですが、面皮柱(めんかわばしら)とか円柱のものも使われています。床柱の材質には、紫檀や黒檀他、皮付きの自然木などが用いられています。

 

床柱は、材質もさることながら、自然の杢や色やつやなど、木、そのものがもつ特性を熟練された伝統技術を注ぎ込み、銘木として生まれ変わります。建築に使われる他の柱や内装材と違って、床柱は和室の主役です。表のしかも一番目立つ存在だけに選ぶ側も真剣です。また、部屋を統一し、そのバランスを保つ重要な役目もあります。

 

床柱にする木は、乾燥が大切なポイントになります。木の変形やねじれなどは、木材の乾燥の十分不十分が影響を及ぼしています。乾燥の目的は、木材の寸法を安定させるためですが、その他に剛性や堅さなど、強度の増大にも重要な意味を持っています。

 

床柱の木は最低でも1年の乾燥が必要と言われていますが、それだけでは不十分なのだそうです。満足のいくように乾燥させるのには、4〜5年とも言われています。生木と乾燥材とでは価格的に3倍くらいの違いがあるのですが、それだけの手間暇をかけるのですから、それだけの違いは当然といえます。

 

本当に優れた床柱は、新しく建て替える時に再び使われると言います。もちろん、そのまま使われるのではなく、あらたに手を加えて、立派な床柱として甦り使用されます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市