家作りの第一歩はココから!

床の建築資材は実に多くの種類があります。

 

床材にはフローリングと無垢材がありますが、フローリングの長所には、「メンテナンスが楽」「デザインや色が豊富」「反りや膨張、収縮が少ない」「耐摩耗性や耐衝撃性、遮音性など部屋の用途によって選べる」などがあり、短所として「見た目の高級感が得にくい」「表面の単板がはがれると補修が難しい」「経年変化を楽しむことができない」「踏み心地が硬い」などがあげられます。

 

床材の選び方は、木目が美しいことだけが床材の良し悪しではなく、商品グレードに大きく影響してくるのは強度や耐久性です。

 

一般的な価格帯のフローリング材が1m2当たり4,000円程度なのに対して、強度の高いフローリング材は8,000〜12,000円以上です。なので、材料の価格差は約2〜3倍以上にもなります。ただし、無垢材の中でも収縮の多い材料の場合はそれなりに施工費もかさみます。

 

フローリング材に対して無垢材があります。無垢材の種類には、「ブナ」や「ナラ」の木があります。材質が堅く傷が付きにくいとされ、一般的に多く使われています。

 

「スギ」や「ヒノキ」も床材に多く使われますが、柔らかい木なので傷がつきやすく、耐久性に劣るという欠点があります。その反面、柔らかい木の特徴で隙間が多く、木の内部に空気がたくさん含まれているため、軽くて表面の感触も温かみがあるのが特徴です。冬でも素足で歩けるとか、お年寄りや小さな子供が転んでも怪我が軽くてすむなどで好まれています。

 

「キリ」も床材として使われます。スギやヒノキより軽く、弾力性や感触は実に気持ちがいいのですが、傷が付きやすいという欠点があります。そのためキリは寝室や個室などに使われることが多いです。

 

無垢材は手入れは大変ですが、感触や落ち着き、暖かさ他天然素材に対する人気は近年再び高まっています。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市