家作りの第一歩はココから!

和風でモダンな家 

日本の普通の家は、まだまだ、多くの和の物と洋のものが同居しています。その和の物と洋のものを実にうまく調和させて暮らしているのが日本人です。日本人の住いそのものが和風モダンそのものと言えます。

 

和の家というとすぐに思い出されるのが畳なのですが、戦後畳は驚く勢いで少なくなったと言います。畳の部屋がないと落ち着かないという年配の人に対して、若い人は、畳はダニの発生源になるからと嫌う理由の他に、洋風の家具や椅子を置くのはイメージ的に会いませんし、座る習慣から比べたら、洋風の椅子習慣の方が楽です。

 

というわけで、畳はないけれど和風にしたいという願いに応えたのが「和風でモダンな家」と言えます。座っているスタイルでなく、腰かけるテーブルスタイルで和の雰囲気を出すのは可能です。

 

ある家具職人の言っていた言葉ですが、日本人は海外のアンティークな家具を選ぶにしても、ブランドにこだわる傾向が強く、「自分がどういう家具が欲しいのか明確でない。」結果、統一性のない、落ち着きのない家になってしまっていると、嘆いておられました。

 

風格のある伝統和風で家の中一切を揃えるのはムリですが、例えやすい家具やインテリアで統一性を持たせられれば、自然に落ち着きが感じられます。

 

「和風」はそもそも、物をごたごたと飾らないシンプルが持ち味です。必要な物だけにお金をかけて、不必要なものは置かない、それだけでも「和風モダン」の雰囲気を醸せ出せるはずと、その各職人さんは言っています。試してみませんか?

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市