家作りの第一歩はココから!

建築家の選定とプレゼンテーション

デザイナーズ住宅の建築が決まり、不動産業者や設計会社のアドバイザーと打ち合わせを繰り返すうちに、デザインを担当する建築家を選定するという話が出てきます。

 

その会社の登録建築家のなかに、手がけた住宅が自分のイメージと合うものがあったら、実際にその建築家に会って話を聞くことになります。

 

アドバイザーも交えた席で、自分がどのような家をつくりたいと思っているのかを、建築家に聞いてもらうことになります。建築家は専門家でもあるため、難しい表現なども出てくるかも知れませんが、そこは、アドバイザーがフォローしてくれるはずです。

 

逆に、自分では気づかなかった部分が、専門家の目を通して明らかになり、より現実的なイメージとして伝えられるということもあるでしょう。

 

このときに、その会社から紹介を受ける建築家は1人とは限りません。建築家は、それぞれの得意分野があるため、依頼者がイメージするような家をあまり手がけたことのない建築家であれば、ほかの建築家を紹介してもらうことになります。何人かの建築家が紹介され、自分の家づくりのイメージを理解して、それを具体的な形にできそうな人がいれば、その人を選んで、担当の建築家になってもらうことになります。

 

こうして、建築家が決定すると、次にプレゼンテーションへと移ります。プレゼンテーションでは、希望条件や法的な規制などを踏まえて、具体的に、どのような家にするかが説明されます。このとき、希望する事項や敷地の特性などを活かして作成された図面などが示されるはずです。建築家との間で、イメージが共有されることになるわけです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市