家作りの第一歩はココから!

設計契約・基本設計

建築会社や設計会社への住宅建築の依頼を決めると、その会社に登録している建築家と設計や監理についての契約を交わさなければなりません。そこで、契約時に設計監理料として決められている価格の3分の1くらいを建築家に支払うことになります。この価格の割合は、建築会社や設計会社によって異なってくるかもしれません。

 

契約が成立すると、すぐに住宅の基本設計に移ります。基本設計は約1カ月から2カ月かけて行われますが、この基本設計で方向性などが細かく決まってくるので、土地的に問題がないか地盤調査が行われたり、現地調査が行われたりして慎重に進められます。

 

この基本設計の期間にも10日に一度くらいの割合で打ち合わせが行われます。時間もゆっくりあることから、依頼者側もじっくり自分のプランについて再検討することが要求されます。そして、打合わせでは設計内容について双方からの確認が行われ、作業は先へと進められることになります。

 

次に、基本設計をもとにして細部の設計やデザインの調整が行われます。約1カ月間、図面や模型を使って打合わせを行うことになります。

 

設計の契約と基本設計との手順は、建築会社や設計会社によって異なってきます。基本設計が行われた後に契約が交わされることもあるのです。もちろん、それは、どれくらい細かな設計図をつくるかなどで変わってきます。

 

また、建築家によっては基本設計までは無料で行うという場合もあり、建築家それぞれのやり方で変わってくるでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市