家作りの第一歩はココから!

デザイナーズ住宅と外観

デザイナーズ住宅を建てるときに、いちばんこだわる部分は建物の外観という人は少なくありません。

 

しかし、デザインを有名建築家に依頼した場合などは、ほかでは見られないような個性的な外観の住宅になることがあるため、期待もあれば不安もあるという感じになります。

 

ただ、依頼者が自分で外観にこだわりたいと思っていても、実際に自分で専門的なデザインはできないので、せいぜい壁や屋根の色にこだわったり、全体的な大きさにこだわるくらいになります。

 

建物の全体的な形などは、建物の構造や工法、建築法規などを踏まえていないと、なかなか現実的に自分で形にするのは難しいからです。

 

しかし、すべて建築家任せにしていては、建築家の個性の出た住宅となってしまい、依頼者の個性は出せません。

 

そこで、デザイナーズ住宅として依頼する場合は、建築家や設計士と何度も打合わせを繰り返し、自分の希望を伝えながら、専門家である建築家や設計士にうまく誘導してもらうということが必要になってきます。

 

たとえば、建物と周囲の風景とのマッチングについて、土地の広さを最大限に活かせる工法についてなど、専門家としてのセンスや知識がなければ、なかなか形にできない部分があります。

 

依頼者は、専門家の助言を受けながら、自分が考える建物の外観のイメージを伝えていきます。そして、そのイメージに合った建材や色などを決めていくことになります。

 

シャープなデザインならば、金属系の建材、ナチュラルなイメージなら木質系の建材といった選び方をしていきます。そして、外壁の色などを統一するか、2色にしてバランスをとっていくかなどを考えていきます。こうして、依頼者が考える住宅の外観に近いものが決まっていくわけです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市