家作りの第一歩はココから!

デザイナーズ住宅の問題点

デザイナーズ住宅の最大の問題点は、建築費用が高いということがいわれています。

 

量産型の住宅は、建材も大量に仕入れられることから安く建てられることが容易に想像できます。これに対し、デザイナーズ住宅の最大のポイントは、どこにもない自分だけの住宅にするということです。そのため、建材にこだわったり、設計についても自分が納得できるまで何度も修正したりすることから、建築費用がかさむことは否めません。ただ、ムダを省くということをコンセプトにした家づくりがあることも否定はできません。

 

一般的に、細部にまでこだわるデザイナー住宅では、どこかを壊したり傷つけたりすると、修理費用も高くなってしまいます。建築費用ばかりでなく、メンテナンスについてもかなり費用がかかってしまうというデメリットがあります。

 

建築費用とともに、デザイナーズ住宅の問題とされているのが、現場の技術者の問題です。有名な建築家の手によって優れたデザインの住宅が設計されたとしても、現場の職人に技術がなければ、それをきちんと形にできません。たとえば、曲線を多く使ったようなデザインは、それをうまく形にすることが難しく、現場に優れた職人がいないと、その設計に対応することができません。

 

また、設計を進めるときに注意しなければならないのが、すべて建築家任せにしないということです。自分は素人だからと遠慮していると、最終的に、自分のイメージしていた住宅とかなり違ったものに仕上がってしまうかもしれません。

 

たとえば、自分はただ広い浴室を望んでいたのに、仕上がった設計図を見ると、露天風呂まで備えた豪華な造りになっていたといった具合です。

 

依頼者は、建築家のこだわりばかりが優先されないよう、自分から積極的にコミュニケーションを図り、家づくりの主導権を握っていくようにしなければなりません。

 

家づくりは長丁場となるものです。相手の人柄も見ながら、自分が主役となる家づくりのチームができるよう、じっくり交流を図っていきましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市