家作りの第一歩はココから!

本物と偽物の区別 

家を建てる時、たとえ今現在家族がみんな健康なお宅でも、「健康のことを考えて、自然素材をふんだんに使った家を建てたい!」と思うものですが、特に家族にアレルギーの人がいる場合は深刻です。ぜひとも自然素材住宅にしようと考えるのですが、どうしても「割高な家」 になる問題は避けようがないにしても、自然素材にも注意点があります。

 

自然素材と謳っていて、見た目も自然素材のように見えても、本来自然素材の持っている機能が失われているとか、安全性に疑問がある建材も出回っているそうです。そういうのを見つけるのは難しく、素人には限界があります。

 

そして、自然素材の畳であっても、栽培時に農薬を多量に使っていたり、防虫の薬剤処理をした商品が出回っていますが、見分けが付きません。これではアレルギーも予防で出来なくなります。また、自然素材の壁に使われる珪藻土も、ヒビ割れを防止するための合成樹脂を混ぜるため、珪藻土の持っている調湿、消臭、有害物質の吸着などの折角の機能を殺してダメにしている商品もあります。

 

漆喰の壁も、体に無害と考えられていましたが、石灰石を焼いて作るため、発ガン性の疑いがあると言うことが最近になってわかっています。このように、自然素材を使って家を経てるときは、時は十分な注意とそして自然素材についてよく知っておくことが必要です。

 

また、自然素材の経年変化についても知っておく必要があります。温度や湿度や日照などの環境条件によって、自然素材はヒビ割れたり、狂いが生じたり、色が変化します。しかし、これも自然素材の特徴であり持ち味なのですが、このことを理解しないで、クレームとして持ち込まれることも多いようです。

 

また、自然素材住宅や木に対する価値観を持たない場合は、あまり変化が無いそうですが、これも考えればもったいない話です。いずれにしても素材に対する知識はある程度持ちたいものです。そうでないとせっかくの自然素材住宅も、宝の持ち腐れになってしまいます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市