家作りの第一歩はココから!

杉板テーブル

杉は日本でも体表的な木で、国内で最も多く自生していますし、建築資材として一番多く植林されている日本の風土に合った木です。入手しやすく値段も比較的安価です。木目がまっすぐでそして柔らかく、軽くて加工がし易いのが特徴です。柱や桁から始まって天井や壁など、あらゆる使われ方をしていますが、障子等の建具としても使われています。そして断熱性が抜群なのが杉の木です。

 

その杉を使った我が家のテーブルが古くなってきて、白っぽさが少し目立つようになりました。そこで、米糠で磨くことにしたのですが、その前に桐油を塗りました。桐油は、天然の桐の種からつくられた油です。浸透性で木の呼吸を妨げないので、木の持つ特性を妨げることがありません。天然植物油なので、人と環境に優しい塗料ですから、無垢のフローリングや無垢の壁材にも最適です。杉板テーブルの普段のお手入れにも、この桐油を塗っています。

 

そのテーブルが白っぽくなったので、米糠で磨いたのですが、そのまえに桐油で、テーブルの表面を2度塗りしました。桐油が乾いたところで、米糠で磨きますが、布巾で作った袋の中に入れて磨きました。磨いていると、米糠の油分でテーブルに艶が出てきて嬉しくなります。米糠はお米屋さんで買えます。

 

杉板のテーブルに限らず無垢の家具は、どんなに乾燥していても、使用する場所の違いで納品した後になってから狂いが出やすいものです。メンテナンスを繰り返しながら使うという感じなので、それが面倒な人には難しいかもしれません。でも、それだけに使い込んだ無垢の家具は味わいがあります。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市