家作りの第一歩はココから!

ブームの古民家

テレビのビフォーアフターの影響もあってか、古民家がブームになりました。今では、古民家を見つけると「売っていただけませんか?」と声をかける人もたくさんいるとか。

 

一般の家ばかりでなく、古民家の賃貸住宅化も始まっているといいます。古民家を再生して住宅にリフォームして、利益物件としているのです。

 

古民家には外人の方が早くから伝統文化の古民家の良さに興味を示していた人が多くいました。京都の古民家を買取ってその庭にハーブを植えて、最初は自分の趣味のつもりだったのですが、有名なハーブのスペシャリストとなった外国の夫人もいます。

 

二人とも東北の出身というご夫婦が、信州の山の中の古民家を買取ってリフォームして定年になって引越をしてきました。子どもの頃自然の中で遊んだことが、年を重ねるうちにさらに思い出されるようになったといいます。そして、普通の住宅でもいいのですが、しっかりした梁、磨き抜かれていたであろう黒光りした廊下や柱、など、その重厚な雰囲気に魅かれたといいます。今の自然素材住宅もいいのですが、古民家の持つ歴史と重みのある住まいで暮らしたいと、そのご夫婦は古民家を選びました。

 

今、日本の住宅もだんだん変わってきましたが、日本の建売は「使い捨て感」ありますし、家具にしても「安かったから」と思いつきで買ってしまい統一感に欠けるとか、飽きると簡単に捨ててしまいます。あるリサイクルショップの社長が「高級住宅地ではあまり家具のゴミが出ないけれど、普通の家庭からは沢山の家具ゴミがでる」と語っていたそうです。

 

家も家具も使い捨ての感じだった日本人も、自然素材の使い捨てでない住宅になれば必然的に、家具も使い捨てでないそれなりに良いものを選んで買うようになるような気がします。良いものに触れるということは、自然に他のものへの見方も変わります。良いものを大事に使うことの良さをあらためて感じます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市