家作りの第一歩はココから!

自然素材の健康効果

できるものなら新建材は使いたくありません。赤ちゃんが床をはいはいしても、小さな子が寝転がって遊んでも心配ない無垢の床板や、防虫シートを挟み込んでいない有機畳など、健康に害を与えない素材だったら安心です。

 

新建材から起こる健康被害の筆頭は、シックハウス症候群です。シックハウス症候群、ば化学物質過敏やアレルギーの症状の症状となって現れて、シックハウス症候群で苦しんでいる人は、日本国内だけで数百万人いると言われています。新建材で建てられた住宅に含まれる有害物質を空気中から吸い込んだ人が、倦怠感や頭痛や眩暈あるいは湿疹などの症状を起こします。

 

新建材に含まれる有害物質は、住宅で当たり前に使われており、最も多く使用されており、その他にも、白アリの発生を予防する防虫剤や外材や国産材の防虫剤、そして防腐剤などにも有害な物質が含まれています。

 

シックハウスに関しては、 2003年7月の建築基準法で、一部規制が行われるようにはなりましたが、それ以前の住宅は化学物質が多く、シックハウス症候群や化学物質過敏症を生み続けていると言われています。

 

化学物質過敏症は、例えわずかの化学物質でも、めまいや頭痛、そして呼吸困難に陥ってしまいます。化学物質過敏症は、洗濯物とか排気ガスや蛍光灯など、日常のありふれたものに反応してしまうので厄介な病気です。発症して、以前のような生活ができなくなった人もいます。化学物質過敏症には、かなりの数の人が罹っていると言います。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市