家作りの第一歩はココから!

無添加住宅 

新建材の健康被害の恐れと、健康志向の高まりから自然素材住宅が見直され、そしてまた、無添加住宅が登場しています。

 

無添加住宅は、体に悪いものは使わない、世界で一番自然に近い家、シックハウスのない健康住宅を目指して建てられています。

 

コストを優先し、体に悪いことを知りつつ化学建材を多用して新建材の住宅をつくり続けてきたのが日本の住宅産業です。その結果シックハウスが起きてしまい、もうコスト優先ではいられなくなりました。

 

シックハウスの問題以外にも、日本の住宅の平均寿命はわずか30年とローンが終ったらもう住めないような状態というのは何か変です。

 

無添加住宅は、合成接着剤や化学建材他、体に悪い化学物質を使わずに家を建てること長年に渡って研究を続けた結果、化学物質をできるだけ使わない「無添加住宅」が誕生しました。

 

化学物質を大量に使った新建材が出来る前の日本の家屋は、壁には土、そして柱はヒノキ、梁にはマツ、床には畳を敷き、間仕切りには障子やふすまで家を建ててきました。それらがことごとく身体に良いものばかりでした。

 

私の友人の御主人がアレルギー体質なので、子どもの頃は時々苦しんだそうです。今はほとんどそういうことはないのですが、子どもの事を考えれば健康住宅を建てたくて、雑誌でみた無添加住宅を探して、メーカーのモデルハウスや構造見学会、完成見学会などに足を運びました。驚いたことに、そのモデルハウスに行くと、体調がよくなる家とか、どうも体に受け付けない家が、実際に体にわかるのだそうです。無添加住宅と謳っていても化学物質を使ったものや外国産建材を使ったものがあるそうです。モデルハウスに行って実際に体感することが大切と言っていました。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市