家作りの第一歩はココから!

在来工法

家を建てようと考えた際、様々な住宅メーカーからカタログを取り寄せているという方も多いと思います。そんな方の中には、住宅工法の違いが分からないという方も、多いのではないでしょうか。

 

では、住宅工法のひとつ、在来工法についてご紹介しましょう。

 

こちらの在来工法は、日本では最も主流となっている工法となっています。日本では、約8割の家が、この在来工法で建てられています。在来工法の構造は、土台、通し柱や管柱、また梁や筋交い、火打ちなどによって構成されています。筋交いの量、バランス、配置によって耐震力が備わっています。

 

施工の際には、指針がしっかりと決まっていないこともあり、施工を行う職人によって、出来上がりが左右されやすくなります。万が一、良い施工が行われていなかった場合には、将来的に傾きなどの欠陥が現れる可能性があります。しかし、今ではこういった差が出ないように、プレカットなどを行い、職人さんの腕で左右されないように木材工法が主流となっています。

 

外観としては、外壁材は施主の方の好みで自由に選ぶことができますので、理想の家を作れることになります。屋根の形状なども選ぶことができますので、地域によって暮らしやすい家づくりが実現します。また、レイアウトも自由に行えるため、オリジナリティーある家づくりが可能となります。お子さんが大きくなった場合、ご両親と一緒に暮らすことになった場合などには、後々増改築なども行うことができます。

 

こうしてみてみると、在来工法は自由度の高い工法といえますね。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市