家作りの第一歩はココから!

ツーバイフォー工法

これから、家を建てようという方の中には、「どういった住宅工法が良いのだろう」と思われている方もいるのではないでしょうか。

 

では、様々な住宅工法のひとつ、ツーバイフォー工法についてご紹介しましょう。

 

最近では、このツーバイフォーという言葉は、良く聞かれるようになりましたよね。北米では、最も主流となっている住宅工法となっています。北米では、なんと9割の家がこのツーバイフォー工法といいます。

 

ツーバイフォー工法の特徴は、耐久性に優れているということ、そして火災にも強いということがあげられます。これは、安心して住むことができる家といえますよね。

 

また、北米スタイルとなっており、独特の雰囲気を持っている家ともいえます。

 

耐震性に関しては、在来工法と比べると1.5から2倍程度の耐震性があるといいますから、これはこれから家を建てるという方にとっては、大きなポイントになるのではないでしょうか。

 

ツーバイフォーの構造は、2インチ×4インチの部材を用いて、フレームを組んでいくことになります。剛性を備えているパネルを使い、コノコック構造となっており耐震性を高めています。しかし、その反面剛性が強くなっているため、制震装置を利用しても効果を発揮できないというデメリットがあります。

 

外観は、材料などの制約はほとんどありませんので、ツーバイフォーでも和風の家を建てることは可能となります。レイアウトに関しては、在来工法と比べると、多少の制約があるため、自由度は少ないといえるでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市