家作りの第一歩はココから!

プレハブ工法

家を建てようとすると、様々な住宅工法がありますよね。工法名は聞いたことはあっても、実際には、どういった工法なのかは分からない、という方が多いのではないでしょうか。

 

では、住宅方法のひとつ、プレハブ工法についてご紹介しましょう。こちらのプレハブ工法は、大量生産を目的としている工法となります。

 

プレハブ工法の特徴は、品質が安定しているということ、大量に供給することができることがあげられます。また、耐震性に優れていることも大きな特徴といえるでしょう。木材工法と比べると、断熱性はいまいちといえるかもしれません。

 

構造の特徴としては、筋交いと同様にブレース構造となっています。構造的には、在来工法と同じような構造といえます。

 

施工の特徴は、大量生産を行っていることで、精度が高く、施工者によってできあがりが左右されない工法となります。

 

外観は、ALC、サイディングなどにより、乾式工法となっているため、湿式の外装を行うことができません。しかし、今ではサイディングのバリエーションが増えているため、好みのテイストを選ぶことが可能となっています。

 

レイアウトは、大量生産を行う工業製品となっていますので、寸法などは自由度が低いといえます。303o、250oなどと寸法が限定されていますので、この寸法によって作成していく必要があります。

 

また、企業秘密などが多い技術となっていますので、後々増改築を行いたいといっても、難しい工法ともいえるでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市