家作りの第一歩はココから!

デメリット

平屋建て住宅は、様々なメリットがありますから、やはり憧れるという方も多いのではないでしょうか。しかし、どんなことでもデメリットというのは存在しますよね。では、平屋建て住宅のデメリットとはどういったことなのでしょうか。

 

まず、平屋建てを建てるには、広い土地が必要となることが上げられます。例えば、平屋建てを建てようと考えた場合、建ぺい率50パーセントとなると、40坪の家を建てるためには、単純に考えても80坪の土地が必要になるということ。そう考えると、2階建ての家を建てることを考えると、建築面積は半分になってしまうということになります。こうしてみてみると、平屋建て住宅を建てるには、広い土地が必要となるのも納得できますよね。

 

また、土地が用意できて、広い平屋建て住宅を建てようと考えた場合には、中央部分になる部屋には窓を作ることができなくなり、暗い部屋になってしまう可能性があります。そのため、場合によっては建築基準法となっている、採光面積の確保が難しくなることもあります。広い平屋建てを建てる際には、中庭を作ったりなどの工夫が必要となります。

 

このように、平屋建て住宅には広い土地で建てるからこその、デメリットが存在します。でも、こんな広い平屋建て住宅を建てることができれば嬉しいですよね。こういったデメリットも、中庭を作ることで素敵な家になりそうですね。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市