家作りの第一歩はココから!

土地の広さ

これから平屋建ての住宅を建てようと考えている方の中には、同時に土地も探さなくてはいけないという方もいるでしょう。そんな方の中には、「どのくらいの土地が必要なのだろうか」と疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。中には、土地はあるけれど、「この土地だと、どのくらいの広さの家を建てることができるのだろうか」と思っている方もいるのではないでしょうか。

 

家を建てるには、持っている土地すべてを利用して家を建てることはできません。それは、土地の面積に対して、建築面積は決められているため。この面積は、土地と建物の面積によって計算されることになります。こちらは、建ぺい率といわれており、パーセンテージで表されます。

 

この建ぺい率は、用途や地域によって異なってきますので、これから家を建てようという方はこの建ぺい率によって、どのくらいの家を建てられるかが異なってきます。ということは、同じ土地の広さがあっても、地域によっては家の面積が異なるということ。例えば、建ぺい率が50パーセントの場合には、土地100坪の場合には50坪の家が建てられるということになります。

 

このように、平屋建て住宅を建てると考えた場合には、建ぺい率によって家の広さが決まるということになります。これから土地を購入しようという方は、どのくらいの広さの家を希望しているのか、既に土地があるという方は建ぺい率を調べることで、家の広さが見えてくることになります。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市