家作りの第一歩はココから!

住宅ローン控除

長期優良住宅に認定されると、様々な税制の優遇措置を受けることができます。住宅ローン減税をもその中の一つです。

 

住宅ローン控除の優遇を受けられるのは、住宅に入居してから10年間の期間が対象となります。

 

一般住宅の場合、10年間で最大で200万〜500万円の減税を受けることができますが、長期優良住宅の場合には、10年間で最大600万円の控除が適用されます。但し、住宅ローンの控除には、入居年数によって最大控除額に差がありますので注意が必要です。

 

住宅ローンが控除される条件として、いつ入居したかがとても重要となります。平成21年〜23年に入居した場合、控除対象の住宅ローンの上限額は5000万円で、最大の控除額は600万円(60万円×10年)となります。

 

平成24年に入居した場合には、控除対象の住宅ローン上限額は4000万円となり、10年間の最大控除額は400万円、平成25年に入居した場合には、控除対象の住宅ローン上限額が3000万円となり、10年間の最大控除額も300万円と減税額が減っていくことになります。

 

平成26年以上からの住宅ローン控除は現時点では受けることができない予定となっています。

 

また、控除の対象となるのは、住宅ローンの返済期間が10年以上の場合に限られるため、10年未満で住宅ローンを組んでいる場合には控除を受けることができませんので注意しましょう。

 

住宅ローンだけでなく、固定資産税や不動産取得税、登録免許税など、税制において一般住宅よりも高い減税を受けることができるのも長期優良住宅の大きなメリットです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市