家作りの第一歩はココから!

住宅の平均寿命

長期優良住宅と聞いただけでは、どういった住宅なのか分からないという人もまだ多いのではないでしょうか。

 

長期優良住宅と呼べるには、平成21年6月4日に施行された「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」で定められる認定基準に適合していなければいけません。一般住宅と大きく違う点は、住宅の平均寿命にあります。

 

これまでの一般住宅の平均寿命は約30年と言われてきました。欧米などの国では、アメリカで約50年、イギリスでは約70年ほどと言われており、日本の住宅寿命がいかに短いかが分かります。

 

住宅ローンも平均約30年であることを考えると、ローンが払い終わったと思ったら住宅は既に劣化し、建て替えやリフォームが必要な状態となっているのが現状です。日本人の平均寿命が80年であることを考えると、早くに住宅を購入した場合には途中で修理や建て替え、又は住み替えが必要となる計算となってしまいます。

 

しかしこの長期優良住宅では、100年住宅を目指して建設されています。これまでの一般住宅では、親子二世代、三世代と住宅を相続することはなかなか工事費や維持費の面からも負担が多く難しい部分もありましたが、長期優良住宅によって家族代々受け継がれることが可能となります。

 

建築完了時から定期的なメンテナンスが定められていますので、劣化に対する修復の費用負担など、住宅に関する費用が軽減されるのも大きなメリットです。

 

長期優良住宅として長期的に家族何世代もがマイホームに住むという感覚がまだ薄いのが現状ではありますが、今後の取り組みによって人々の住宅に関する認識も変えていくことが必要となるのではないでしょうか。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市