家作りの第一歩はココから!

省エネルギー法の改正

長期優良住宅は、長期にわたり良好な状態で住み続けるため、「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」に従って建設する必要があります。

 

認定基準には、耐震性、劣化対策、省エネルギー性、維持管理・更新の容易性、バリアフリー性、可変性、住居環境、住戸面積、維持保全計画の9項目があり、それぞれが基準に達していなければいけません。中でも省エネルギー性では、次世代省エネルギー基準に適合することが一つの目安となります。

 

次世代省エネルギー基準は、昭和55年に初めて定められて、平成11年3月に改正された「住宅に係わるエネルギー使用の合理化に関する建築主の判断と基準」と「同設計及び施工の指針」のことを指します。

 

住宅を建築する際には、この基準に従って、これまでよりも断熱気密化が高く工夫され、より快適な住まい作りがされています。また、世界水準の省エネルギー性により、冷暖房費の負担も安くなります。

 

長期優良住宅では、省エネルギー対策として、必要な断熱性能が確保されているかを評価し、省エネルギー対策等級として1から4段階のレベルに分けられています。長期優良住宅として認定されるためには、次世代省エネルギー基準の対策等級4レベルが必要となります。

 

住宅の断熱が充分でないと、知らないうちに家からエネルギーが漏れてしまいます。現在では省エネルギー性が考えられた住宅が多くなっており、こうした基準が地球温暖化防止につながっています。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市