家作りの第一歩はココから!

国民負担の軽減

住宅が古くなれば、建て替えやリフォームなどが必要となります。一般住宅の寿命が約30年ということを考えると、一般的な住宅ローンでやっと支払いを終えた頃には、寿命がきてしまっているという計算になります。

 

住み慣れたマイホームに老後も住み続けるためには、どうしても建て替えや年数によって劣化した部分を修復したり、リフォームしたりする必要性が出てきます。そして、そのためには多額の費用が必要となります。

 

ただ、せっかくローンを支払い終わったのに、老後になってまた大きな出費をしたくないという人も多いでしょう。

 

そこで、長期優良住宅にすることで、長期に渡って良好な状態で住み続けることができるため、建て替えやリフォームの必要性が少なくなり、費用の削減につながげることができます。このことから、長期優良住宅の普及促進は、住宅に関する出費を減らし、国民の住宅負担を軽減する目的があります。

 

こうした負担が減ることで、老後もより快適で豊かな生活を送ることができます。

 

また、それだけでなく、長期優良住宅には税制の優遇措置や住宅ローンの控除など様々なメリットがあります。

 

さらに、寿命が長くなり住宅負担が減ることで、2世代または3世代と長期に渡って住み続けることができることも大きな魅力の一つです。

 

また、たとえ売却することになったとしても、長期優良住宅であることは売り手にとっても買い手にとっても価値は大きいと言えるでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市