家作りの第一歩はココから!

国民資産の向上

長期優良住宅の目的の一つに国民資産の向上があります。

 

これまで日本の一般住宅の寿命は約30年と言われてきました。念願のマイホームを購入し、住宅ローンを払い終えた頃には住宅の劣化から建て替えやリフォームが必要となってしまうのが現状でした。

 

しかし、長期優良住宅は寿命100年を目標に建設されていますので、これまでの一般住宅と違い耐震性、省エネルギー性、可変性などだけではなく、劣化対策なども強化されています。そのため建て替えやリフォームなど、住宅に関する出費がこれまでより大幅に削減されることになり、国民資産の向上につながります。

 

また、住宅の資産価値として、定期的に住宅の点検や修理をすることで維持管理をし、資産価値を持続させておくこともとても重要です。たとえ将来住み替えることになった場合でも、計画的な維持保全を行い、長期優良住宅の資産価値を維持することで売却する際にも有利になります。

 

マイホームは大切な資産ですから、その資産価値を維持することで、二世代、三世代と家族が快適に過ごせるのが長期優良住宅の大きな特徴でもあります。自分の子供、そして孫の代まで資産を残すために、しっかりと維持保全を行うようにしましょう。

 

長期優良住宅は一般住宅と比べて建設の仕様コストが高くなりますが、長期優良住宅として認定されると、税制の優遇措置や住宅ローンの控除を受けることができるため、住宅に関する自己負担を大きく軽減することが可能となります。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市