家作りの第一歩はココから!

依頼先を決める

希望する土地が見つかり、土地の売買契約を結ぶことができたら今度は家を建ててくれるところを探さなければなりません。依頼先は大きく分けて「メーカー」「建築士」「工務店」の3つになります。そしてこれらにはそれぞれにメリットとデメリットが存在しています。

 

メーカーの場合のメリットは何と言っても品質の良さとコストの安さです。高い建築技術を有していながら、家を大量生産することでコストを下げることに成功しています。また、部材も工場で作られているものが多いため、現場での作業が少なくなる分工期が短くなるというメリットもあります。しかし、大量生産のため、まったく同じ外観の家が存在することがデメリットと言えるかもしれません。

 

建築士に依頼する場合は、やはり完全オーダーメイドとなる点がメリットと言えます。外観から内部や内装の細かいところまで、すべてを施主の希望に答えてくれます。デメリットは、完全オーダーの分金額が高くなることです。

 

工務店に依頼する場合のメリットは、自由なプランニングと技術力と言えます。また、地元密着型の工務店であるなら、将来のメンテナンスやリフォームなども相談することができるでしょう。コストの面でも、独自の木材の入手ルートを持っている工務店もありますので、その分安くなります。その他気軽に相談できることもメリットの一つです。しかし、プランが自由な分、欲張り過ぎると資金オーバーになることもあります。

 

木の家については業者が主催する勉強会などもあるようなので、参加してみてはいかがでしょうか。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市