家作りの第一歩はココから!

メンテナンス

木の家は本来耐久性に優れた建物であると言えます。きちんとした施工で、その後のお手入れを怠らなければ長く住み続けることのできる住宅なのです。

 

木の家に長く住み続けるために大切なのが換気です。もちろん冬の寒さ対策による断熱性や遮断性も大切なことと言えますが、日本の風土でもある高温多湿の夏場の湿気対策が非常に重要なのです。

 

換気が悪く湿度が高くなると、カビやダニが発生してしまいます。このようにカビやダニが大量発生してしまうと建物自体の寿命も短くなってしまいます。そうならないためにも換気と通気性がとても大切なのです。まめに換気することこそ木の家にとって最大のメンテナンスと言えるかもしれません。

 

木には本来呼吸をする力があります。呼吸をすることで湿度を調整してくれるのです。このため木の家には蓄熱作用が備わっており、冬でも一度温まると温度が下がりにくいという特性を持ちます。このような木の家でも木の表面を塗装してしまうと呼吸ができなくなって本来木が持っている調整機能や蓄熱作用が十分に発揮されなくなってしまいますので注意してください。

 

木の家の良さを出すためには天然成分を主原料としたものを施工時の仕上げに使うところも多いようです。

 

普段のお手入れについては、メーカーや工務店の方に聞いておくようにしましょう。地域密着型の工務店なら日頃のお手入れについても詳しくアドバイスしてもらえるでしょう。木の家は住み続けることで理想に近づいていくものと言えます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市