家作りの第一歩はココから!

坪庭と機能美

坪庭というものをご存知でしょうか。この坪庭は、最近ではあまり見かけなくなったものの一つでもあります。

 

京都では、町屋の母屋と離れの間にある小さな庭のことを坪庭と呼んでいましたが、近年では建物の間にある庭や、敷地の内部にある小さな庭のことも坪庭と呼ぶようになったようです。

 

実は坪庭には大きな役割があるのです。それは「癒し」です。我々現代人は時間に追われストレスに晒される毎日を過ごしています。せめて休日くらいはゆったりとくつろいで過ごしたいものです。坪庭は家の中にいながらにして四季の風や光を感じることのできる小さな空間なのです。この坪庭があると癒しの効果が倍増することでしょう。

 

日本は春夏秋冬季節がはっきりしています。そしてそれぞれの季節ごとに気候がまるで違います。このため日本家屋は、どの季節においても対応できるように機能的に作られているのです。三角屋根の切妻や深い軒は、強い雨が降ったとしても室内に雨が入り込まないように工夫がされたものです。また、雨だけでなく夏の強い日差しを遮る働きもします。

 

他にもまだまだ土台づくりや家の骨組みにも工夫が凝らされています。伝統的な日本家屋には、厳しい自然や季節の移り変わりにも順応して、常に快適に過ごすことのできるような工夫がたくさんされているのです。そしてそこには単なる役割だけでなく、機能美というものが存在しています。この機能美こそが本当の意味での日本の家と言えるものだと思います。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市