家作りの第一歩はココから!

建築業者を選ぶには

「国産材を使用して家を建てたいと思った時は、どうすればよいのでしょうか」日本全国には国産材を使用しての家づくりを支援している自治体や団体がありますので、インターネットなどを利用して、自分が住んでいる地域の近くに木の家づくりを支援しているところが無いかを調べてみましょう。

 

「木造建築にはどのような種類があるのでしょうか」家は、工法によって住み心地や家の寿命などに大きく影響されます。木造建築の代表的なものには、在来軸組工法や2×4工法と呼ばれる枠組壁工法、プレハブ工法があります。在来軸組工法は、昔から日本家屋に持ち入られてきた工法で、高温多湿の日本の風土に最も適した工法であると言われています。枠組壁工法は、柱や梁が存在せず壁で建物を支えるという特徴を持っています。プレハブ工法は、あらかじめ作られた部材を現場で組み立てていく工法です。

 

では「工法による違いは何でしょうか」在来軸組工法は、柱と梁を組み合わせて家づくりを行うので、ドアや窓の大きさを自由に設定することができます。また、将来の設備の変更も比較的容易になります。枠組壁工法は、箱を作るような感じで組上げていきます。この工法の特長は、高い断熱性と気密性です。しかし、湿気を外に逃がしにくいと言う面もあります。

 

「昔の家のように木の柱が見えるようにするにはどうすればよいのでしょうか」それには真壁造りの方法が良いでしょう。真壁造りは、構造材をそのまま化粧材として仕上げるものです。この方法は、柱や梁が呼吸しやすく長持ちをするという特長があります。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市