家作りの第一歩はココから!

建築工事の内容を確認するには

「基礎工事の役割は何でしょうか」 基礎工事は、住宅を地盤にしっかり支えるためにとても大切な工事です。欠陥住宅と言われるものは、この基礎工事に手抜きがあるものが多く見られます。基礎工事で一番大切なのは、住宅に加わる力を地面に均等に分散させることです。そして地面の湿気を防ぐことも同等に重要なことになります。床下の通気性を高めるためにも基礎の高さを確認しておくとよいでしょう。建築基準法では30cm以上となっています。

 

「木の家を丈夫な構造にするためにはどうすればよいのでしょうか」木造建築の強度は、基礎部分の強さ、建物の重心の位置、木材の強さや乾燥状態、接合部分の強さによって変わってきます。木造建築に一番適していると言われる在来軸組工法は、すじかいと呼ばれる柱と梁のつっかい棒のようなものがあります。これによって接合部分の強度が向上されます。

 

「工事期間を短くすることはできないのでしょうか」工期が長くなればなるほど費用はかさむことになります。昔ながらの在来軸組工法は、柱と梁を繋ぐための様々な接合方法が熟練の大工さんの手によって細かく加工されていました。しかし、今では製材工場で最新の機械加工が施されるプレカットという方法が一般的になりつつあります。このプレカットと最新の接合金具の開発によって工期が大幅に短縮されることになりました。このため、費用を抑えることができるだけでなく、精度や信頼性が向上するという二重のメリットが生まれました。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市