家作りの第一歩はココから!

リフォームを考えたら

「木の家のリフォームはいつごろから考えた方がよいのでしょうか」 家を新築したばかりの頃は、建て替えやリフォームについては遠い未来のようにしか思っていないものです。しかし子供は成長し、親は老いてきます。それによるライフスタイルの変化や設備の老朽化は必ずやってきます。そしてそれに応じてリフォームを考えなければならなくなるでしょう。そのためにも、新築の際に将来やってくる変化をあらかじめ見据えておくことも大切なことだと言えます。家族に将来起こるであろう新たな必要性をしっかりと確認して、計画を立てておくようにしたいものです。まず、築後10年では壁紙やカーペットの張り替えやガス器具等の交換の必要が出てくると思われます。築後20年では、屋根や外壁の補修工事や床、畳の張り替えの必要が出てくるでしょう。築後20年になると、キッチンやお風呂、トイレの水回りの入れ替えや補修が必要になってくるでしょう。親ごさんとの同居の場合は、介護の必要もあるかもしれません。その場合階段やお風呂、トイレに手すりを付けたり、段差を無くすことも必要でしょう。

 

「リフォームのポイントは何でしょうか」 リフォームは、設備を入れ替えるだけの部分的なものと、家の構造自体を補強する全体的なものまであります。この場合、それぞれにかかる費用と対応年数に応じた計画が重要なポイントとなるでしょう。リフォーム工事の規模が大きなものの場合、仮住まいの必要もありますので、十分に時間をかけて検討することが大切です。増改築の場合は、建築確認の申請が必要な場合もありますので、こちらも確認しておくとよいでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市