家作りの第一歩はココから!

経済的に木の家を建てるには

「木造住宅は建築費が高いのではないでしょうか」 木の家は材料費が高く、その上こだわりの家が多いため、贅沢で高いというイメージが先行しているようです。しかし、家に使われる木材の費用は、総費用の10%から20%と言われ、また国産材の値下がりもあってそれほど贅沢なものではなくなってきました。もちろん内装や設備にこだわればそれだけ費用は高くなりますが、工法費用だけなら木の家はかなり経済的と言えます。工法別の建築費用の平均は、在来軸組工法が約2339万円、枠組壁工法が2446万円、在来鉄骨造りが2856万円、在来鉄筋コンクリート造りが2885万円となっています。

 

「木の家を経済的に建てるにはどうすればよいのでしょうか」 地域によっては、地元で生産加工された木材を使用して家を建てたり、リフォームしたりする場合、地方自治体の助成制度を受けられるケースがありますので、家を建てようとしている地域の地方自治体でこのような助成金制度が実施されているかどうかを確認してみてください。また、現在住んでいる地域で家を新築、購入するときに、地域原産の木材を使用した住宅の場合、住宅ローンの金利が優遇されるサービスをおこなっている金融機関もあります。これらは、地域や金融機関によってサービスの内容が異なりますので、こちらも事前に確認してみてください。このように地方自治体の助成金や金融機関の住宅ローンの金利優遇を受けることができれば、そうでない場合よりもかなり経済的に家を建てることができるはずです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市