家作りの第一歩はココから!

購入手続き

自分の住みたい地域に希望にぴったり合うデザイナーズハウスがあったら。デザイナーズハウスの少なさからいってもそれは本当にラッキーなので、出来るだけ早く仲介業者と話をして購入手続きを進めるようにしましょう。もたもたしていると他に買い手が出てきてしまうかもしれません。

 

ではそこで実際の購入手続きですが、まずする事は仲介業者に購入の意思があることを伝え物件を押さえておく事です。物件を押さえておくと仲介業者は他の購入希望者に売ることが出来なくなりますので、ゆっくりと話を進めることが出来ます。

 

ちなみに購入申し込みをし、物件を押さえておいてもらう際に「申込証拠金」というお金が必要になることがあります。これは大体5万から10万円くらいですので、内覧をする際は念のためお財布の中にこれくらいのお金を入れておくといいかもしれませんね。

 

そして購入手続きに進みます。最初に行われるのは宅地建物取引主任者からの重要事項の説明です。これは仲介業者が購入の意思を最終確認した後に行われ、説明を聞いて納得したら重要事項説明書に署名、捺印をします。その後売買契約を交わし、印紙税と手付金を支払ったら契約完了です。

 

後は引渡し日を決めてその前に内覧をしおかしいところがないかチェックしたり、引渡しの前に仲介業者の指示に従って残金を支払ったり、公的機関などで必要書類を取り寄せたりして引渡し当日、引越し当日を迎えます。

 

これまでの説明からわかる通り、住宅の購入は大変面倒なものです。取り寄せなければならない書類や準備しなければならないものも沢山ありますので、それらは購入手続きのはじめに確認して漏れがないようメモしておくとか、期日と一緒にカレンダーに書いておくとかしてスムーズに手続きを進められるようにしましょうね。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市