家作りの第一歩はココから!

購入時の資金

デザイナーズハウスでも普通の戸建てでもマンションでも、住宅を購入する場合は大きなお金が動きます。もちろん住宅の購入を考えているのですからそんなことはわかっている人がほとんどでしょう。ですが不動産会社のチラシなどにある物件自体の価格以外にも雑費と呼ばれる諸費用がかかりますから、自己資金は多めに準備しておくにこした事はありません。

 

ですが家を一軒買うのですから、何千万キャッシュで支払いできる人はあまりいないですよね。多くの方が銀行などの住宅ローンを利用しているようですし、そのほうが現実的です。

 

それを踏まえて購入時の資金のお話ですが、まず住宅ローンを利用するにしても、ある程度の資金は自分で用意しておくようにしましょう。先に言ったとおり物件の価格以外でも費用はかかりますし、銀行のローンはほとんどのものが購入する物件の価格の8〜9割を上限として、それ以上の金額を借りることは出来ないようになっています。

 

まあ足りない部分は提携ローンや優遇ローンを利用することも出来ますが、その分支払う利息が増えますのでやはり自分で資金を準備しておくにこしたことはないでしょう。

 

ちなみに大体頭金として準備しておくといい金額は、購入する物件の価格の2割以上だといわれています。それに追加して新居への引越し代金や新居で使う家具やファブリックを買う費用、不動産取得税などの税金、火災保険などの保険料、ローンを借りるときの手数料などが要りますので、頭金とあわせますと物件の価格の3割程度は自己資金として準備しておきたいものです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市