家作りの第一歩はココから!

部屋の使い方

デザイナーズハウスでよく見掛けるのが、吹き抜けを広く取った大空間やさえぎるもののない大空間です。たとえばリビングにしてもキッチンをアイランド型にして壁をなくし、キッチンからリビングまで広々とさせどこに居てもすぐに見つける事が出来る大空間や、ガラスを多様して採光と広さを感じさせるものなどがありますよね。

 

広々としたリビング、吹き抜けて天井が高く圧迫感がない家というのは確かに素敵です。憧れますよね。ですが広々とした空間を作ったのはいいけれど、家族が個人で落ち着ける場所がなかったり、収納が少なすぎて家具を沢山置くことになり結局狭くごちゃごちゃしてしまった、なんてことになってしまう場合もあります。

 

特に収納は大事で、収納がなければ家具を置いてその中に仕舞いこまなければなりませんし、そうなるとせっかくのデザインが台無しです。ですがコンクリート打ちっぱなしのデザイン住宅やシンプルモダンな住宅の場合、収納スペースを取り入れることによってデザインが崩れてしまうなどの理由から、備え付けの収納が少なくなっているものも少なくはありません。

 

快適に家、部屋を使うには余計なもの、でも必要なものを目立たないようにすっきりと収納出来るスペースは絶対に必要です。収納スペースのあるなしで部屋の使い方が決まることもありますし、どんなものを使う部屋か、どこに収納スペースが欲しいかは設計の段階で前もって話しておくようにしましょう。

 

他にもこの部屋は家族の団欒で使いたいから広々と、や個人の部屋はこじんまりと、など部屋の使い方によって間取り、デザインも変わりますので後で悔やまなくていいよう必要なところはしっかり話しておくようにしましょうね。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市