家作りの第一歩はココから!

家の素材

デザイナーズハウスを建てる際によく重要視されているものとして、家の外観があります。見た目は第一印象を決める大事な要素ですし、デザイナーズハウスを建てたいと思ったきっかけとして外観が巣晴らしいものを見たから、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

人の目をひきつけるセンスの良いおしゃれな住宅に住んでいると、それだけで満足感を得られますし家の外観は自分のこだわりを表すための大事な要素でもあります。

 

ですがこだわりが強すぎて、住む人に我慢を強いてしまうような素材を多様し、住み心地が悪い家が出来上がってしまうこともあります。家は車や家具のように使うためにあるものですので、使い勝手が悪ければ意味がありません。ですのでデザイン性を求めるのはいいのだけれど、資材を選ぶときは使い勝手や住みやすさを考えて設計を行い資材を選んだほうが後悔は少なくなります。

 

たとえば開放感がある家に住みたくて、外壁を一面ガラス張りにした場合。確かにぱっと見はおしゃれですし素敵な家になるでしょう。ですがガラスの面が多すぎると外からの視線が気になりますし、夏はカーテンやブラインドを締め切っていないと暑すぎて大変なことになります。

 

またデザイン住宅やおしゃれなカフェなどでよく見かけるコンクリート打ちっぱなしの壁。コンクリート壁は断熱性能が低く、設計の段階で工夫をしないと夏は暑く冬は寒い住み心地の大変悪い家になってしまいます。

 

上記の例はほんの一例ですが、これ以外にも高い位置におしゃれな照明をつけたはいいけれど電球交換が大変だったり、採光のために天窓を付けたら窓の手入れが難しく困った、なんてものもあります。

 

どんな資材でもデメリットはありますので、こだわった資材を使いたいと思うのなら自分である程度調べて、メリットデメリットを把握した上で判断するようにしましょうね。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市