家作りの第一歩はココから!

年をとっても住める?

家とは30年40年と長く住むものなので、体力が衰えた自分でも無理なく住める家であるのも大事な要素です。

 

デザイナーズハウスに限らず家を新しく購入・建築する場合、子供部屋や家族が増えたときのことなどを考えて間取りや内部構造を考える方は多いようですが、老後の生活まで考えている方はなかなか少ないようです。

 

確かに自分の老後といわれても、どんな状態なのか想像がつきませんよね。健康であればいい、や体が自由に動いていればいい、なんて希望はありますが、どうなるかは神のみぞ知る、です。ですが実際に30年40年と経ち、体が若いころのように自由に動きにくくなった際に家の不自由なところを相談し改築してもらうのは、かなりな労力になります。

 

家の改築をする場合、規模にもよりますが一旦仮住まいに引越しをしないといけない事もあります。引越し作業は年老いた身には辛いですし、出来ればそんな面倒は事はしないでずっと住み続けられれば嬉しいですよね。

 

ですので家を購入する時や建てる時に、ある程度の住みやすい要素を兼ね備えた家を希望しておく事をお勧めします。

 

特にデザイナーズ住宅の場合デザイン性にこだわって部屋の間仕切りが多くなったり段差が大きかったり、天井が高すぎて掃除や手入れがしにくかったり、なんてものも少なくはないです。若いころなら多少無理して高い脚立を使うとかして手入れが出来ますし、段差でも間仕切りでも問題なく移動できます。

 

ですが体力の衰えた後はそれが出来るかどうかはわかりません。若いうちに老後のことを考えろ、なんて難しいでしょうが、ずっとお気に入りの家に住み続けるために出来ることはしておきましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市