家作りの第一歩はココから!

家のプランを決める時に

デザイナーズハウスを建てようと思い、まず建築家を探し自分の希望を伝えそれを元に設計してもらいますよね。そのときに建築家と依頼主の意見が合わず何回も何回も話し合いを重ねることはよくあります。意見が違えば話し合って解決すべきですし、自分が住む家なのですからどうしても聞いて欲しい希望があれば相手が納得するまで話し、納得させる根拠や理由を提示するべきです。

 

ただそれとは逆で、建築家にとうてい納得出来ないような設計を提示されて、自分の意見はなかなか聞いてくれなく困ってしまったという方も少なからず居るようです。

 

建築家にとって家は自分の作品ですから、依頼主と同様細部にこだわって満足のいく作品を作りたいと思うのも無理はありません。

 

ですが実際に住む人間の意見に耳を貸さずデザイン重視、機能性二の次な家を設計されたんじゃたまったものじゃありません。まあそんな酷い人はそういないですが、建築家にとって家が作品であるというのは確実でそれゆえデザイン性の高い設計を押されて話し合いがなかなか進まなかったというケースは少なくないようなのです。

 

依頼主側としても、色々考えて設計してくれているんだから希望に沿わないものでもなかなかはっきりと「NO」とは言いにくいですよね。

 

ですがそこで折れてしまえば後々困ったことになってしまうので、自分の希望や不安に思うことは遠慮しないではっきりと相手に伝えましょう。そしてもしあまりにも建築家との話し合いが平行線でらちがあかないと思ったら、思い切って違う建築家に依頼しなおすのもひとつの手です。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市