家作りの第一歩はココから!

狭小住宅とデザイン住宅

狭小住宅とは、普通では住宅が建たないような狭い土地(目安として大体15坪以下の土地)に建てられた住宅のことを言います。

 

狭小住宅のメリットは、坪単価が一般的な土地より安くなっているので土地代が安い、ということが挙げられます。もともと面積が狭く宅地として向いていないと思われているので、購入者が限られその分が料金に反映されているのと、狭小な土地の場合角度が急だったり変わった形の土地である場合も多いので、その場合さらに料金は安くなり安価で家を建てたい方にはうってつけの土地であるといえます。

 

ですが当たり前ですが土地が狭いので、家を建てるときは色々な制限がかかることもあります。

 

そういった土地の狭さ、建築時の制限をカバーする為に一風変わったデザインの住宅が設計されるようになり、狭小住宅イコールデザイナーズハウスという認識が広まっているようです。

 

狭小住宅を建てる場合、いかに室内を広く見せるかが大事になってきます。そのために大きなガラス窓を多様したり天窓を作ったり、吹き抜けにしたりして広さを演出し結果的にそれがデザイン性にも一役買っているというわけなのです。

 

ただ、土地購入にかかる費用は安くつきますが狭さを感じさせない住まいをつくるために随所に工夫を凝らしますので、総支払額は一般的な住宅と同様、もしくはそれより高額になってしまうこともあり、その辺りは注意が必要です。

 

狭小な土地に住宅を建てる場合はどうしても深い知識をもった建築家を頼らざるをえないこともあり、その費用もかかりますし総支払額が安くつきそうだから狭小住宅を選ぼうと思うと思わぬ落とし穴にはまることもありますので、事前によく調べて決断して下さいね。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市